加入してから時間が経っているなら、保険の見直しを

通貨のことで悩んだら金融でサポートしてもらおう

相場に左右される

外貨両替、つまり円からドルに、ドルからユーロにといったような両替は、相場の変動により取引きが毎日のように変化します。そのため、短期間で大きな利益を得ることも可能です。

賃貸システム

リロケーションとは、その物件の持ち主が出張などでいない間にその物件が貸し出されるもので、一般的な賃貸物件よりも格安で借りられることが多く、期間限定ですが、家賃の節約になります。

不動産投資

近年は不動産へ投資をする人が増えてきています。たとえば、マンションを1室だけ購入し、それを貸し出して賃貸経営をするというものです。管理会社に管理を委託することもできます。

一括借り上げ

不動産経営は、サイドビジネスとして人気があります。そこでよく利用されているのがサブリースで、これは一括借り上げとも呼ばれ、空室があっても家賃収入を保証してくれるものとなっています。

考え方の違い

セットで加入している保険は見直しが難しい

保険見直しの際、最近の保険を調べてみると昔の保険の考え方とは違うことが分かります。昔の保険では、死亡保険など何歳になっても一定でかつ高額な保険金の支払いが主流でした。しかしその分月々の掛け金も大きいものになり、不況の今、保険見直しを行う人が増えています。昔との今の保険で大きく違うのは保険がそれぞれ単独で売られているケースが増えてきていることです。死亡保険については貯蓄性のある保険の種類が増えています。また収入保障保険では60歳もしくは65歳までを保障期間とした万が一の場合の月々の収入を保証した保険が増えてきており、リスク分散もかねてそれぞれ違う保険会社で契約する割合も増えています。死亡保険の考え方も、ただ多いお金を残すことではなく、子供が成人になるまでに、親に万が一のことが会ったときに備えるものという前提に基づいて考えることが主流となっています。

今だけでなく定年後の支払いも常にイメージしておくこと

今の掛け金を減らすことだけに着手目していると定年後などに帰って高い掛け金を 払いケースがあるので注意が必要です。保険会社によっては65歳以降掛け金が減額されるケースもあるため加入の際には80歳や90歳をひとつの目安としてそれぞれの年の月々の支払いを出しておくと良いでしょう。また保障は終身で支払い期間を定年となる年に設定することもできるため定年後の掛け金を減らすため働けるうちに支払いを終わらせてしまうのも一つの手段です。保険見直しをする人が増えてきているため各保険会社もセット商品でなく、それぞれ独立した保険として提供することでより柔軟に対応しようとしているようです。保険見直しは年齢関係なく行っていくことが出来ますし、その時代にあった保険を各保険会社は揃えてきますので、節目節目で見直すことをお勧めします。